テストワークショップ

テストワークショップはたっぷり時間をかけてじっくりテストを学べるワークショップです。次のような内容を予定しております。

  1. PHPUnitの導入と概要説明
  2. PHPUnitハンズオン
  3. Behatハンズオン
  4. PHPUnit/Behatの実践

PHPの代表的なテスティングフレームワークPHPUnitを中心に、テストの基礎、ツールの使い方、テスト駆動開発などを皆で手を動かしながら楽しく学びましょう。 加えてビヘイビア駆動開発(振舞駆動開発)フレームワークBehatについても大きく取り上げます。 また、PHPUnitのテストの実行をサポートする継続的テストランナーMakeGoodおよびStagehand_TestRunnerについても取り上げる予定です。

以下の内容をご覧いただき、当日参加希望の方は事前に準備いただくことをお勧めします。

テストワークショップの想定対象者

  • PHPのプログラム経験はあるが、PHPUnitの未経験者
  • PHPUnitを使った事はあるが、使い方について疑問がある方

テストワークショップが参考にならないかもしれない方

  • テスト駆動開発を実践している方 (どちらかというとお手伝いしていただきたいです)

最低限必要な環境

本ワークショップの進行は、PHP 5.3.2以上がインストールされていることを前提としております。もし、インストールがお済みでない場合、当日までにインストールしておくか、当日ワークショップが開始されるまでにご準備ください。

インストールされていると当日の進行が楽になるもの

各種ツールについてワークショップの時間内にインストールの時間を設ける予定にしておりますが、各個人の環境による不具合/手戻りなどについて個別に対応することは困難な状況が予想されますので、以下のソフトウェアについても事前にインストール/設定していただくと当日スムーズに参加することができます。

  • PEAR (pearコマンドが動作する環境)
  • PHPUnit 3.5(pearコマンド経由でインストール)

オプション

本ワークショップではMakeGoodによるPHPUnitのテストの実行までの動作確認を行う予定にしております。本ワークショップでMakeGoodを使ってみたい方は以下のソフトウェアを事前にインストール/設定していただくと作業をスムーズに進めることができます。

  • Eclipse Classic 3.7 (http://www.eclipse.org/downloads/)
  • PHP Development Tools (Eclipseに組み込まれている更新サイトからインストールすることができます。)